"まちの本屋さん"とのお別れ

土浦市にある本屋さん、「ぶっくらんど新洋堂」が先日閉店されました。
実家に近いこともあり、子供の頃からよく利用させてもらっていたお店です。

 

“書店”というより“本屋さん”という感じ。

とても感じの良いご夫婦がいつもお店に立っていて、本を購入する時、ちょっと内容について話が弾んだりしたことも。

 

そんなことが出来るのも“まちの本屋さん”ならでは。

またひとつ、こういった風景が無くなっていくのは、ちょっと寂しく感じてしまいます。

 

あと数日で閉店という頃に伺うと、お店には大勢のお客さんがいました。

地域に根づいて愛されていた“本屋さん”だったんだなぁ、と改めて実感です。

 

息子へと、絵本を買ってきました。

大切に読んで聞かせてあげたいです。