LCCM住宅の見学に行ってきました

LCCM(ライフサイクル・カーボン・マイナス)住宅。

低炭素化住宅のことです。

そのデモンストレーション住宅を見学できるということで、建築研究所へ行ってきました。

CO2の排出量は、建設業からがとても多いのが現状です。

造る時、使う時に少しでも排出量を少なく抑えようというのがLCCM建築の試みです。

デモンストレーション棟の様々な手法、工法。

実際に体感することができ、とても参考になりました。

 

当日は曇り空の寒い日。

それでも多くの方が熱心に見学されていて、今後の建築への期待の高さを感じました。

 

“建物を造る”ということは「街並みをつくること」、「環境をつくること」。

住みやすさだけではなく、もっと広い視野での計画が、これからはますます重要視されるだろうと改めて感じました。