“唯一の”家づくり

住宅を計画する上で重要なのは“空間の形状”ではなく、“どのように住むか”ということだと考えています。

 

家とは「居る」だけではなく「住む、暮らす」ものです。

どんなに立派な家を建てても、それが住む人の生活に合ったものでなければ、全く住み心地の悪いものになってしまうことでしょう。

 

広さや間取りなど、空間のボリュームだけではなく、いくつもの要素が集まって“家”というものは造られています。

それらがどのように住む人の生活に関わってくるかを丁寧に考え、提案することで“唯一の”家づくりができると考えています。

窓の大きさや高さによってどのように見え方が変わるか、触れる場所はどんな素材を使うか。

何気ない場所に板を取り付けたらベンチになった。

そこから見える桜がとても綺麗で、お気に入りの場所になった・・・。

小さな事を丁寧に考え積み重ねることで、その家は住む人に合った、愛着の湧くものになっていくと考えます。 

 

また人が成長し、歳を重ねていくように、家も年月をかけて老いていきます。

私達が提案する家は、決して“メンテナンスフリー”の家ではありません。

むしろ完成した時がその家の始まりで、そこから更に育てていって頂く必要があります。

手間をかけて育てていった家には、何とも言えない艶があります。

それが「生活の記憶」であり、そうして“唯一の家”になっていくものと考えます。

 

老いた時、その時になお“美しい”と思えるように、常日頃から愛着を持って手入れをしていくこと。

その“住まい方”の提案こそが、私達が最も重要視していることでもあります。